獣医師と死に関して

獣医師と死に関して

 

こんにちは。

 

 

IMG_6754

「こんにちにゃ~!」
<も~。そんなとこ入って~。>

 

 

 

 

タイトル、…衝撃的ですよね。

 

 

 

※注意※
「死」に関してのお話になります。
嫌な方は以下お避け下さい。

 

 

 

 

 

 

今回、なぜこの項目にしたかは

 

「獣医師とより良い関係を築けるように」

 

と言う思いからです。

 

 

 

 

 

私は、

 

「死」に向き合うこと。
「猫の勉強」をすること。

 

それを、家族と離れ暮らした3カ月間続けてきました。

 

 

Image

 

 

 

 

そこで知った事実。

 

 

 

 

 

獣医師は、最も自殺する職業

 

 

 

と言うこと。

 

 

 

これが明確な事実かはわかりません。

 

 

 

でも、嘘とも思えません。

 

 

 

 

 

獣医師は、

常に動物の「死」と向き合っています。

 

 

 

 

 

「安楽死」という選択
を余儀なくされることもあるでしょう。

 

 

IMG_7110

 

 

 

 

最善を尽くしたが助からなかったペット。

その死を受け入れることができない飼い主は、獣医師に怒りをぶつける。

 

 

IMG_7115

 

そんなことも少なくないはずです。

 

 

 

 

医学の進歩のために犠牲になる動物
たくさん見てきたかもしれません。

 

 

 

 

 

動物が大好きで、

 

大好きな動物の命を
「守りたい」「救いたい」

 

と、獣医師になったのに…。

 

 

IMG_7114

 

 

 

 

 

たくさんの、そして
色んな形の「死」を見続ける
と言うのは

 

本当に辛いことだと思います。

 

 

 

 

だから、

 

飼い主である私たちは
そんな現場で頑張ってくれている獣医師に

 

 

感謝の気持ちをもとう!

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5757

「診察までの長い待ち時間くらい
ゆっくり待とうではないか。」笑。

 

 

IMG_7116

「寝てればすぐにゃ。むにゃむにゃ…。」

 

 

 

 

 

先生、いつもはっちゃんの健康を

ありがとうございます。

 

 

IMG_3199

「敬礼!!にゃ!」
<お!きりりとしてますね~~。>

 

 

 

 

ではまた来週~~~~

 

 

 

 

こんにちは。 愛猫と主人と暮らす主婦です。 猫が大好きでブログ「愛猫くらし」を始めました。 私が経験したことを発信することで、少しでも多くの猫が幸せになってくれたら、私自身も幸せです。 どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top