純血種と雑種

-その1-

純血種と雑種

-その1-

 

 

 

 

 

 

こんにちは〜

 

 

 

蒸し蒸しジメジメ。

まだまだ暑いですね…

 

 

 

「暑い〜〜。」

 

 

 

 

暑いと「暑い」と文句を言い。

寒くなったら「寒い」と文句を言う。

 

 

 

 

 

「しょうもにゃいね。」

 

 

 

 

「ほんとそうだね〜。」

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、

 

 

今回は

 

「純血種」と「雑種」についてです。

 

 

 

「純血種??」って?

 

と、言う方にもわかりやすく

 

 

 

「簡単にまとめました。」

 

 

 

 

 

⒈ 純血種とは?

 

「僕はパンダ!」

 

 

 

同じ種類同士だけの、

「純粋な血」が流れた子達のことを言います。

 

 

「マンチカン」なら

「マンチカンだけの血」が流れてると言うことですね。

 

 

 

 

⒉ 雑種とは?

 

 

 

種類関係なく、

「混ざった血」が流れた子達のことを言います。

 

 

お外に住む猫ちゃんたちがそうですね。

 

 

 

 

<はっちゃんはね〜…>

 

 

 

 

 

はっちゃんは、

「マンチカン」と「アメリカンカール」の子です。

 

 

 

 

 

「ってことは雑種?」

 

 

 

と思いますが、

 

 

それは違って

「ミックス」と言います。

 

 

 

「え?」

 

と思いましたか?

 

 

 

 

なぜ違うかは、

 

「純血種」×「純血種」=「ミックス」

だからです。

 

 

 

<そうではない。>

 

 

 

 

「純血種」も「雑種」も

大切な命に違いはありませんが、

 

この違いを知っておく事は

実はとっても大切な事なんです。

 

 

 

 

 

その「違い」はまた別のお話で。^^

 

 

 

 

<じらすというより、編集にすぐ疲れちゃうのよ。笑。>

 

 

<そうかもね!笑。>

 

 

 

 

次回は、

純血種と雑種の「特徴」

についてまとめます。

 

 

 

 

 

ではではみなさん

また来週〜〜〜〜

 

 

 

 

こんにちは。 愛猫と主人と暮らす主婦です。 猫が大好きでブログ「愛猫くらし」を始めました。 私が経験したことを発信することで、少しでも多くの猫が幸せになってくれたら、私自身も幸せです。 どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top