ん??かさぶた??
〜扁平上皮癌〜

ん??かさぶた??
〜扁平上皮癌〜

 

 

こんにちは。

 

 

「こんにちにゃ!」

 

 

皆さんオリンピック見てますか?

 

私は結構見ていて
たくさん感動しました。

 

「どれだけ努力してきたのだろう、、すごいな。」

 

 

はっちゃんは全くオリンピックに
興味がないようでしたがね。

 

 

「むにゃむにゃ。」

 

 

 

 

さて、

今回のテーマは”かさぶた”です。

 

 

<で、これはただのブタ。>

 

「にゃんだと!!!??」
<あ、ごめんごめん。>

 

 

 

 

「かさぶた?」

 

 

「そういえば、前あった気がする。
でも、元気だし大丈夫でしょ。」

 

 

と、

たかが”かさぶた”だと
見くびっているあなた!

 

 

「ちょっと待った!!!!」

 

 

 

 

その”かさぶた”
○○かも!?

猫ちゃんにできたかさぶた、

がん(癌)の可能性があります!

 

 

皮膚にできる代表的な癌、
『扁平上皮癌』『肥満細胞腫』

 

 

 

今回は、

『扁平上皮癌』
(へんぺいじょうひがん)

についてお話しします。

 

 

「みんにゃ、僕はブタじゃにゃいからね。」

 

 

知っておこう!
扁平上皮癌

どこにできやすい??


多いのは耳の先端。

「僕の自慢の耳みてにゃ♡」

 

他にも
鼻、まぶた、口の中、指先など。

 

 

口の場合、
口内炎と診断されることも!!

 

 

症状が良くならない場合は、

 

「セカンドオピニオンの
選択を!!!!!!」

 

 

 

上記に挙げた箇所以外にも、、

扁平上皮細胞が存在するとこなら
どこでも発生しちゃいます。

 

 

 

原因は?
どんな子が発症しやすい?

①原因

 遺伝的に発症する 

ママパパが発症しやすい
遺伝子を持っている。

 

 環境で発症する 

日光、紫外線
飼い主のタバコ
ノミ除け首輪

 

 

②発症しやすい子

白猫ちゃんの発症率が高い。

紫外線の影響を受けやすい
からと言われています。

 

 

 

がんは治る病気
になってきている現在。

 

早期発見し治すために、

かさぶたを見つけたら
ちょっと疑ってみよう!

 

 

「疑ってみよ〜〜〜〜。」

 

 

次回は『肥満細胞腫』について
お話ししようと思います。

 

 

 

ではでは、また来週〜〜〜〜

 

 

 

 

こんにちは。 愛猫と主人と暮らす主婦です。 猫が大好きでブログ「愛猫くらし」を始めました。 私が経験したことを発信することで、少しでも多くの猫が幸せになってくれたら、私自身も幸せです。 どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top