お腹が空いて仕方ない僕。
〜スルーしちゃダメ肥満体型〜

お腹が空いて仕方ない僕。
〜スルーしちゃダメ肥満体型〜

 

 

こんにちは。

 

すぴ〜〜〜〜〜。

 

 

もうすぐクリスマス。

 

 

 

今年のクリスマスは土曜日ですね。

みなさんはどう過ごしますか?^^

 

「サンタさん来てくれるかにゃ〜?」
<いい子にしてたら来てくれるわよ。>

 

 

 

最近、
はっちゃんの食欲がすごいです。

 

 

↑空の皿をなめる猫。笑

 

「あにょぉ、ご飯まだですか?」
<まだご飯の時間じゃないんだけど…>

 

 

みなさんの愛猫の食欲はどうですか?

 

秋はこんなものなんですかね?
(もう冬だけど)

 

夏、若干食いつき悪くなった反動なのか
ご飯前の要求が激しいのです。

 

「ごは〜ん!!!!」

 

 

ご飯の量は変えてないので
適量であるはずなんですが…。

足りない様です。

 

「全然足りにゃいにゃ。」

 

 

 

増やしてあげようか。。

 

「別に太ってないし、増やそうかしら。」

 

 

食べられるうちに、
もりもり食べさせてあげたいですしね。

 

「にゃった〜〜〜〜!!!!」

 

 

みなさんは愛猫が食欲増した時
増やしてますか??

 

 

増やして愛猫が喜んでくれるなら
お互いにハッピーだし、

「たくさんあげてます!!!」

と、そんなあなた!!

 

ちょっと注意が必要です。

 

 

スルーされがち肥満体型。
健康のために見直そう!

ぽっちゃりは可愛いけど…
肥満は、
驚くほど多くの病気をまねく要因となる!

1. 運動機能の故障

「腰が痛いにゃ…。」

太っているだけで体を壊しやすくなります。

・関節炎
・靭帯断裂
・椎間板ヘルニア
・筋肉

年齢とともに筋肉量や骨量が減り
体を支える力が弱くなるのに、
肥満が加われば大変です。

 

2. 内蔵機能の病気

肥満になると免疫が低下し
様々な病気を引き起こす。

・心臓病(心筋症等)
・呼吸器の病気
・糖尿病
・脂肪肝

心筋症は通常無症状ですが
突然後ろ足を痛がり
1〜2日で死亡する病気です。

猫ちゃんでは
最も苦しい病気のひとつなんです。

 

3. 間接的に病気を引き起こす

肥満になると運動量が減ります。

・動かない
・毛づくろいがうまくできない
・水を飲む量が減る

上記の行動は、
『腎臓病』

『皮膚病』
などにも結びつく要因です。

腎機能は繊細なので甘く考えていると
『死』が突然訪れます。

 

 

 

後悔する前に、できる事を毎日する。

 

ちょっとしたことの
積み重ねがきっと大事なんですよね。

 

愛猫が肥満にならないように
ちょっとした意識!^^

 

 

ちなみに、

猫ちゃんの平均体重は3〜5kg
が多いみたいなのでご参考に。

(はっちゃんは3.8kgです。)

 

 

 

「ずっとパパのそばにいたいにゃ。」

 

はっちゃんも長生きしたいみたいです。^^

 

 

ではではまた来週〜〜〜〜

 

 

 

 

 

こんにちは。 愛猫と主人と暮らす主婦です。 猫が大好きでブログ「愛猫くらし」を始めました。 私が経験したことを発信することで、少しでも多くの猫が幸せになってくれたら、私自身も幸せです。 どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top