愛猫の「にゃ〜」って実は。

愛猫の「にゃ〜」って実は。

 

 

こんにちは。

 

 

ちょっとずつ暑さにも
変化が出てきました。

 

 

まだ暑いは暑いのだけれど、
真夏とは違う風や空気感。

 

 

 

うまく伝えられないけれど、
そう感じる今日このごろ。

 

 

 

「にゃに言ってるかわからにゃいにゃね。」
<すみません。>

 

 

 

さて、

今回は
”猫ちゃんの豆知識”
についてのお話。

 

 

「のり??」
<いや、豆>

 

 

 

 

 

愛猫の甘えたような「にゃ〜」
って可愛くてたまらないですよね。

 

「にゃ〜♪」

 

 

 

でも実は、

猫ちゃん同士で
そんな鳴き声で呼び合ったり
コミュニケーションをとったりしません。

(赤ちゃんの時だけお母さんにそう鳴きます)

 

 

 

 

そう、

 

甘えた声の「にゃ〜」は
人間だけにするもの。

 

「はにゃ♪」

 

 

 

なので、

愛猫の「にゃ〜」は
信頼と愛情にあふれた表現。

 

 

「ほにゃ〜。」

 

 

なのです。

 

と、

断言したいところですが…

 

 

 

そこは猫さま。

 

それだけではありません。

 

 

 

 

要求するときに
この鳴き方をします。

 

「おやつよこせにゃ」
「ご飯食べたいにゃ」
「遊んでほしいにゃ」

…にゃどにゃど。

 

 

「ばれたにゃか。」

 

 

 

そう、我々はまんまと
猫さまに操られているのです。笑

 

もふもふに操られる…。
幸せなことです。

 

 

「にゃ

 

 

 


 

~猫ちゃん豆知識まとめ~

【その1】
甘えたような鳴き声は人間にだけにする
(猫同士で鳴くとすれば喧嘩や発情時程度)

【その2】
その鳴き方は、
「甘えたい」「要求する」ときにする

 


 

 

そんな愛おしい猫さまの

豆知識でした〜。

 

 

 

「ちゅーる〜♪」

 

 

はい!ただいま〜〜〜!!!

 

 

「うままだにゃ〜♪」

 

 

 

ではではまた来週〜〜〜

 

 

 

 

 

こんにちは。 愛猫と主人と暮らす主婦です。 猫が大好きでブログ「愛猫くらし」を始めました。 私が経験したことを発信することで、少しでも多くの猫が幸せになってくれたら、私自身も幸せです。 どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top