夏バテ5つの症状

夏バテ5つの症状

 

 

こんにちは。

 

 

毎回冒頭で暑いと言っている私。

すみません。

 

でも言わせてください。

 

 

「暑すぎなんですけど。」

 

 

 

「……。」

 

 

「暑い暑いうるさいにゃ。」
<すみません。>

 

 

 

 

 

 

これだけ暑ければ危険もあります。

 

 

 

そう、

『夏バテ』

 

「あち〜だにゃ〜。」
<はっちゃんも言ってるじゃないの。>

 

 

 

 

ご存知ですか?

猫ちゃんは汗をほとんどかかないことを。

 

※こんな風に汗かきません。

 

 

 

なので暑いときに、
体温を下げることが苦手な生き物
なのです。

 

 

「にゃのです…。」

 

 

 

 

唯一、汗をかくところ。

肉球です。(緊張・恐怖で発汗)

 

 

 

猫ちゃんは人間のように

全身発汗しての
『体温調節』ができません。

 

「できにゃせん。」

 

 

 

 

その代り猫ちゃんは、

体温を維持するための
適した場所を探すのは得意。

 

 

すぴ〜〜〜。

 

 

とはいえ、

室内飼いの猫ちゃんは
その場所探しも至難の技。

 

「適温の場所はどこかにゃ〜〜?」

 

 

 

人間にとって快適な室温でも
愛猫にとってはどうでしょう?

 

 

 

暑くても涼し過ぎても
夏バテ症状は起こりえます。

 

 

 

 

 

気付かぬうちに夏バテに。

だから知っておこう!

『夏バテ』症状!

※ここでは熱中症の症状も含めます。

 

 

 

 

 

夏バテ!?5つの症状

1. ずっと呼吸が荒い

寝ている時・リラックス時のお腹の動きを見るのがgood!!(呼吸の荒さチェック)

※一時的な荒い呼吸以外は異常です。

 

2. ヨダレ・舌がでている

猫ちゃんは口を開けた状態がほとんどない生き物なので、口元が緩いのは体調が悪い証拠。

 

3. 元気が無くぐったり

猫ちゃんの元気がない状態は相当なこと!

 

4. 食欲不振・飲水量減少

お水を飲んでいるかわからない場合、排尿の回数でチェック!(飲水量減る=排尿減る)

 

5. 嘔吐・下痢

※毛玉がない嘔吐は様子見危険!!

 

 

上記症状があれば
一度獣医師に診てもらうのが安心です。

 


 

 

 

 

「最近食欲落ちたね、夏バテかな?」
あはは〜。

なんて軽く考えていたら、
命を落とすことだってありますよ!!

 

「そんななのー??」

 

 

確かに大げさかもしれませんが、

猫ちゃんはとにかく
我慢強い生き物
ということを忘れないでください。

 

↑こんなんだけど、我慢強いんですよ。

 

 

 

 

元気な愛猫が一番!!!

 

今年の夏も元気に乗り切りましょうね♪

 

 

 

すーすー。

 

 

 

と、

思ったら、、

 

 

 

 

 

 

こっち見てるし。笑

 

 

 

 

 

 

ではまた来週〜〜〜〜〜。^^

 

 

 

 

 

こんにちは。 愛猫と主人と暮らす主婦です。 猫が大好きでブログ「愛猫くらし」を始めました。 私が経験したことを発信することで、少しでも多くの猫が幸せになってくれたら、私自身も幸せです。 どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top